Windows 10の大型アップデートができない?(Parallels)

秋の大型台風ならぬWindows 10の大型アップデート!Windows 10 October 2018 Update(バージョン 1809)」がやってきました。

業務中に勝手にアップデートされても困るので、夕方から手動でアップデート。
ところが、「HDDの容量たらんから、できませんわ!」と、、、、

MacでParallelsの仮想環境はゲストOSの容量は可変なはずなのにアップデートの時は対応していないみたい。ならば、コントロールセンターからデスク容量を増やして、かつ、可変も止めや!

しかし、Macから見た仮想デスクは容量が増えてるのに、Win側から見た容量は全然増えない。
なんで?
グーグル先生教えて! → 甘ったれるな!となかなか解決策が???

やっと、探し当てたのは「Parallels 回復パーティション」どうやら、容量を増やしても、この回復パーティションがWindowsのHDD領域にあって、容量が増えるのを邪魔しているらしい。

結果、Windowsのコマンドライン(shell)からでやれとさ。

ハードル高!

Apple Watch の緊急 SOS!!

Mac使いとしてはApple Watchを持っていると何かと便利なのですが、たまに誤操作でびっくらさせられる。

本日、バイク乗車中にいきなり「キュォーン、キュォーン、キュォーン、」と!

ぇえ?? 画面を見たら緊急SOSのカウントダウン中!!!

どうやら、グローブの堅い部分がサイドボタンを長押しし続けたようで。
いままでそんなことなかったのですが、今日から、右腕から左腕に切り替えたのが災いしたのか?

とりあえず、サイドボタンの配置を腕側にして誤作動防止と、長押し続けSOSは停止かなと。
便利な機能ですが、誤操作につながるとめんどし。。