自筆証書遺言の方式緩和

平成30年7月6日の民法改正により自筆証書遺言の方式が緩和されました。

改正前:自筆証書遺言は全文の手書きが必要

改正後:財産目録部分についてはワープロ等での作成が可能になりました。
(本文は手書きが必要)

施行日は平成31年1月13日です。

財産が多くて自筆証書遺言をためらわれておられた方は、これを機に自筆証書遺言を作成してみてはいかがでしょうか。

また、法務局に自筆証書遺言を預けられる制度も決まりましたので、これでせっかく作った遺言書が発見されないなんてことはなくなりました。(こちらの施行日は未定です。)

 

民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です